男性心理 メール 返信 早い

メールの返信が遅い早いでわかる男性心理

スポンサーリンク

ここではメールの返信が早い男性心理について掘り下げてみたいと思います。

 

男性は女性のように料理しながらメール、などと一度に2つの事ができないと言われています。

 

 

例えば気になる男性とアドレス交換したとします。

 

あなたは、自宅に戻り食事の用意をしながら、もしくはスキンケアをしながら
ネイルアートをしながらメールを打ってみます。

 

ところが待てど暮らせど返信はありません。

 

内容としては返事を迫る内容ではなかったので、もう一度メールをしてみます。

 

今度は返事が必要な内容です。

 

しかしいつまでたっても返信がこない、そこでどんな男性心理を想像するでしょうか。

 

 

これから仲良くなりたいな、付き合いたいなと思っている相手なら脈なしとみてさっさと次に切り替えるでしょうか?

 

それとも返信がくるまでひたすら待つのでしょうか。

 

すごく強い想いを持っていたら待つのかもしれませんがただ待つだけも耐えられませんね。

 

早い返信が欲しい、すぐ返信してもらえるにはどうしたらいいのでしょう?


⇒ 続きは後半に

⇒ 痩せるとモテる3つの理由と「太った女性」に抱く男性心理とは?

スポンサーリンク


男性は気になる女性に対してアピールしてはきませんが、明らかに好意を持っている態度を取ります。

 

女性の様に打算的でもないのでそれはとてもわかりやすいです。

 

 

しかし自分から告白するような事はなかなか出来ません。

 

好意を持っている女性からメールが来たら、すぐ返信する人もいれば
忙しい時はすぐ返事をしないというタイプの人もいます。

 

女性のように焦らしたという駆け引きはあまりしませんね^^

 

 

それでは逆に何とも思っていない相手だったら、どうでしょうか?

 

返事が出来る時であればすぐに打つでしょう。

 

つまり、男性心理でいうと好き嫌いとはあまり関係なく、メールを送る早い遅いだけでは
脈ありなのか判断しにくいということです。

 

 

どちらかというと内容で好きか嫌いか判断できる差は出てきます。

 

なので、単純に返信が遅いからといって脈なしと決めつけないようにしましょう^^

 

 

女性のように恋愛においての駆け引きは男性はあまり得意とはしません。

 

なので、時間にゆとりのありそうな時間帯
ゆっくりしてそうな時間帯を見計らってメールしてみると
案外長くやりとりが出来深い話までできるかもしれませんね^^

 

こちらの参考にしてみてください。

 

⇒ 男性心理としてはメールが遅い場合でも脈ありの可能性はあるのか? 

 



スポンサーリンク