男性心理 メール 敬語

敬語でメールを打つ男性心理は難しいですね

スポンサーリンク

初対面に近い男性からのメールが敬語でもさほど違和感は覚えません。

 

むしろかなりフレンドリーな感じの言葉遣いなら、軽い人という印象が強まりそうです。

 

男性が女性に対してメールで敬語を使う時、上司とかではない限り一体どういうつもりで敬語を使うのでしょうか。

 

その男性心理がわかりませんよね。

 

 

これから仲良くなりたくて、頻繁に連絡をとっていてもなかなか敬語をやめてくれない男性がどうやって心を開いていってくれるのでしょうか。

 

敬語を使う、という事はやはり心を開いてくれていないと思ってしまいますね。

 

 

心が折れそうです。

 

そんな敬語男子をフレンドリーなメールに変えてしまう術があれば良いのですが。

 

男性は女性の様にいろんなタイプがいるわけではなく割とわかりやすいですから、一度扉を開いてくれたら後はすんなり入ってくれそうです。

 

 

まずは軽く心の扉をノックしてみましょう。


⇒ 続きは後半に

⇒ 痩せるとモテる3つの理由と「太った女性」に抱く男性心理とは?

スポンサーリンク


ですます調のメールを送る男性心理としてはあまり親しくないと認識しているからで、これから仲良くなってもいいけど初対面なのでという感じかまるっきり親しくなるつもりはなく事務的な態度を表しているかどちらかでしょう。

 

 

仲良くなってもいいかな、と思ってもらえるにはやはり自分のどこかが相手にヒットしなくてはそうは思ってもらえません。
第1印象が大事なんです。

 

初めて会う相手には気をつけないといけません。

 

 

初めから仲良くなるつもりもなくメールしても簡素な感じの文面しか返さない男性には、時間がかかるかもしれません。

 

些細なきっかけで城壁が崩れ一気にフレンドリーになる場合もあるでしょう。

 

そのきっかけを探るべく連絡はこまめに入れたいところです。

 

 

でも、どうでもいい相手からこまめに連絡がくるほどうっとおしいものはありません。

 

見極めが難しいですが、男性は単純ですから見込みないなと感じたら一気に扉を閉めて次の扉をノックする事をお勧めします。



スポンサーリンク