男性心理 メール 絵文字 顔文字

メールで絵文字・顔文字を使う男性心理

スポンサーリンク

メールというものは、女性のほうが積極的に絵文字や顔文字を使うイメージがあるかもしれません。

 

でも最近は、男性も絵文字・顔文字を使う傾向があります。

 

それは、様々な男性心理が影響しているのです。

 

 

男性は基本的に一日の何回もメールすることを嫌います。
それは、自分の趣味や好きなことに時間を使いたいと思う人が多いからです。
それが近年逆転の傾向にあります。

 

 

「男性だから」「女性だから」という垣根を越えて、より中性的になりつつあるからです。

 

これまで男性は、絵文字や顔文字を使うことに恥じらいやめんどくさいという気持ちを持つ人が多い状況でした。

 

 

ですが、より女性のいう「かわいさ」などに共感する男性が増えています。
より中性によってきているのです。

 

女性と同じファッションやアクセサリーなど「かわいさ」を求める男性が増えてきています。


⇒ 続きは後半に

⇒ 痩せるとモテる3つの理由と「太った女性」に抱く男性心理とは?

スポンサーリンク


また、顔文字や絵文字をつかう男性にはいくつかの特徴があります。

 

 

ラインなどのSNSの利用が増えたことにより、スタンプの活用の場が増えてきました。

 

それらを使う中で、文字だけよりも絵文字や顔文字を使う方が、自分の思いを伝えやすいことに気づいてきました。

 

文章の後ろにつけるだけで、メールのバリエーションが広がります。

 

男性心理が女性によりに近づいたおかげで、男性・女性双方の距離がち被いたのではないでしょうか。

 

 

さらに女性からのクレームも大きな影響を与えたのかもしれません。

 

女性からみると文章だけのメールは、非常に簡素なつくりに見えてしまいます。

 

自分に興味をもたれていないのではという勘違いにもつながります。

 

 

携帯、スマートフォンが普及した現在、そういった時流を敏感に感じとった男性が生き残ったといえるかもしれません。



スポンサーリンク