付き合う前 ドキドキ

付き合う前は近くにいるだけでドキドキ

スポンサーリンク

日々沢山の人に出会い、その中に好みの異性がいる事もあると思います。

 

通学や出社の電車やバスで一緒の人だったり、学校や会社の中の人、コンパで知り合ったり出会いは沢山あります。

 

 

最初は意識していなくても、ふとした瞬間に優しい声をかけて貰ったり・・・
何か困っているとき助けて貰ったりして
ドキドキして意識し始めることもあります。

 

 

その他にも、顔が物凄くタイプといった場合、タイプの異性を見かけただけで意識し、ドキドキして話も出来ず、ただ片思いの場合があります。

 

 

付き合う前は思い切って話かけて嫌われるのが嫌だとか、勇気が出ないなどいろんな理由があると思います。

 

しかし、話しかけないと付き合う事は出来ないだけでなく、自分の存在も知って貰えません。


⇒ 続きは後半に

⇒ 痩せるとモテる3つの理由と「太った女性」に抱く男性心理とは?

スポンサーリンク


付き合う前にある程度自分の事を知ってもらったり、相手の事も知らないと、いきなり告白しても相手は戸惑うだけですね。

 

自分も、もしOKをもらったとしても内面を知ってがっかりする事にもなりかねません。

 

 

気になる人がいたらまず思い切って話しかけて仲良くなるのが一番です。

 

でも、話しかける勇気出ない場合は、挨拶だけでも交わせるようになると、相手に顔は覚えて貰う事が出来ます。

 

 

ドキドキしても会うたび繰り返す事によって、相手も意識してくれるようになるでしょうし、話しかけてくれる場合もあります。

 

顔を覚えて貰ったり、話をする事で付き合う前にある程度自分を知って貰ったり、相手を知る事ができ、付き合って後悔する事は減るはずです。



スポンサーリンク